FC2ブログ

大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/15(Fri)

【第6回】ある兄弟のはなし

第6回は木村(真)です。

千葉くん!すごいニュースでしたね!
YouTubeの動画拝見したのですが、
めちゃカッコ良かったです!


そんなスター千葉くんからの
写真で物語をひとつ‥。


*****

DSC00778_convert_20120612223158.jpg


昔々、ある寺に双子の兄弟がいました。
聡明な兄、又吉(左)と
引っ込み思案な弟、又平(右)です。

当時、双子は公に知られてはいけない存在でした。
ふたりは離れの屋敷でひっそりと暮らしながら、
どちらかが外出する時は、「又吉」の名前で生活をしていました。


そんな兄弟の存在を知る数少ないひとりとして
同じ敷地に住む幼馴染みのおサヨちゃんがいました。
二人はおサヨちゃんに淡い恋心を抱いていました。

年頃になり、又吉だけが外に出ることが増えました。
一方で、ほぼ毎日を又平は屋敷で過ごしていました。

又吉だけが社会と関わりを持つようになって、
会話も噛み合わず、
兄弟の間には大きな溝ができてしまいました。

十六歳を迎える儀式のあと、
おサヨちゃんは言いました。
「私、又平さんとこの場所を出るわ。」

下を向いたままの又平。
又吉は動揺を隠せませんでした。

「僕は誰も知らない土地で、又平として、ひとりの人間として生活したいんだ。」

又吉は、初めて又平の本音を聞きました。
又吉は心のどこかで、おサヨちゃんは又平を選ぶと分かっていました。
おサヨちゃんが隠れて屋敷を訪れているのを知っていたからです。

駆け落ちする二人が今後、
幸せに生活していく保証はありません。
一生このまま会えないかもしれません。

しかし、又吉は
「双子として生まれてきた僕たちが、それぞれの道を歩むために
自信を持って生きていこう。」
と、笑顔で二人を送り出しました。

兄弟の間にできていた溝は無くなり、
ふたりはお互いの未来に希望を持つことができました。


その後、
又平とおサヨちゃんは、
故郷を離れ、誰も知り合いのいない土地で
貧しいながらも幸せな家庭を築きました。

又吉は立派な僧侶となって
自分と同じ境遇にある
双子たちを寺で引き取って育てました。



*****

昔は双子をめぐった様々な風習があったことを
思い出したので書いてみました‥。

もちろん全くの作り話です。


次はドラマー塩野くんです。

写真は‥

square.jpg


Times Square です!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。