大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/02/07(Tue)

【第17回】マイブーーム!

こんばんは。
バレンタインまであと1週間ですね。
皆さんチョコの用意は順調ですか?
私の腹筋も連日の筋トレで板チョコ腹筋に近づきつつあります。
今日はそんなバレンタインを目前に逸る乙女心を隠しきれない木村夏海がお届けします。


大きな鼻にユニークなメイク、ド派手な衣装に身を包み、おどけて人々を笑わせるサーカスの人気者と言えば…
そうピエロです!
014_convert_20120207225325.jpg
(「Snazzy Clown」http://www.joaf.co.jp/isyo-kasou/piero/pi-1/pierrot-1-.htm

しかしピエロというのは不思議なもので、愉快な存在であるはずの彼らに別のイメージを抱く人も少なくないのです。
それは「狂気の笑顔で人々を苦しめる異常者」という面です。
狂気と笑いは紙一重というか、「人と違う行動をする」という点でとても似ていますよね。
お笑いだったら普通ではない行動は「ボケ」になるけど、いき過ぎた人と違う行動は「狂気」とみなされてしまう。ピエロの2面性はまさにそれだなぁと思ったり。
そんなピエロに恐怖心を抱いてしまう人々のことを「道化恐怖症(coulrophobia)」と呼ぶらしいですよ。
そんなわけで今回私が紹介したいマイブームは「ピエロ(っぽいもの)が出てくるホラー映画」です!

ここで診断タイム!
「踊るピエロ(scary dancing clown)」という動画であなたが道化恐怖症かどうかがわかります。
scary dancing clown
これを見て「ピエロコワイ。ワロエナイ」と思ったあなたはその傾向ありです。
「マックいきてぇ…」と思ったあなたはスバラシイ。
因みに私は19秒で停止ボタンを押しました。

ピエロに限らず「顔が白塗りのもの」、どことなくピエロっぽいものにはちょっと恐怖感を覚えます。
歌舞伎は大丈夫です。微妙なボーダーラインがあるのですよ。
例えば、、、

アウト
320px-Ronald_McDonald_sitting.jpg
(wikipedia「Ronald McDonald」 photo by M.Minderhoud http://ja.wikipedia.org/wiki/

ギリアウト
繝九さ繝ャ繝・ヨ_convert_20120207230056
(「吸いたくなるマン」http://www.kanshin.com/keyword/743589 / ニコレットHP http://www.nicorette-j.com/

セーフ
019.jpg
(「EURO2008 イタリアVSオランダ」 http://blog.livedoor.jp/alex741109/archives/51593674.html

といった具合です。


ではここでオススメピエロ映画をどどんと紹介します。怖いのでサクサクいきましょう。
はい!
「IT(イット)」
021.jpg

はい!
「THE FUNHOUSE]
funhouse.jpg

はい!
「Fear of Clowns」
51KNrMkj64L__SL500_AA300__20120208105546.jpg

ふーっ。

簡単に言うと、どれもピエロ(ピエロの格好をした人)に理不尽に人々が殺されたり悪夢を見せられたりして追い詰められていく映画です。
皆さんだったらそんな時どうしますか?
私だったら犯行時にこんな目立つ格好はしません。


なんてね!
it4_convert_20120207230939.jpg
(映画偏り放題 http://oreno-yakata.blogspot.com/2009/02/blog-post_12.html / 【出典】『イット』/ワーナー・ホーム・ビデオ)


道化恐怖症であるにも関わらず、何でこんなにピエロ映画を見たくなってしまうのか・・・
そんなことを考えていたら高校時代の嫌な記憶がよみがえってきました。
私がいつものように自転車に乗って下校しようとしていたところ、前から歩いてきた友達に言われました。
「なっちゃんて『SAW(ソウ)』のジグソウに似てね?」

「愛車に乗るジグソウ氏(職業:猟奇殺人鬼)」
010.jpg
(NECA 「Saw -Head Knocer- Puppet Extreme」 http://necaonline.com/

似た者同士魅かれるのか……。
……………とはなりませんよバカめ。(多少の類似点は認める)


結局のところ、
怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い………………………でもだからこそ見たくてたまらーん!っていう複雑な愛憎模様がそこにはあるのです。
怖いもの見たさってやつですよね。


上で述べた某友人にはいまだに自転車乗ってるところを見られると爆笑されます。
前のバイト先の人にもこの件で笑われました。
あいつらまとめてゲームに招待してやろうかと思います。

なんてね!
it4_convert_20120207230939.jpg
私お気に入りの一枚、映画「IT]のペニーワイズ氏でお別れしましょう。さようなら。

明日はイイノヒロト君です。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。