大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/12/02(Fri)

【第9回】私の東京

こんにちは!!
本日金曜日の担当は私、山中華穂がお送りします。

テーマについてまず、東京ってなんだろうと思った時に、頭に特定の土地は出てきませんでした。東京都の山手線の東京駅が東京なのか(Google Earthでは「東京駅」(東京)となっていました)、東京都全体が東京なのか、でもそれは少し違う気がする…はて、わからなくなってきました。そんな時、読んでいた小説の中にちょうどいい言葉を見つけました。


辻村深月さんの『ロードムービー』という短編小説の中の「トーキョー語り」に出てきた言葉です。是非読んでほしいのでさらーっと説明しますと、田舎に転入してきた女子高校生が、その田舎で閉鎖的に暮らしてきたクラスメイトの気をひくために、東京から来たとウソをついた、と友達に告白する場面でのセリフです。

「東京って、語れてしまう」
「誇張した話の方が、共通イメージの“都会”に近くて、歓迎されるってこと。…(省略)…実際の姿より、語る実態のない“東京”の方が、より“東京”っぽいんじゃないかな。漢字で書く“東京”じゃなくて、カタカナで“トーキョー”。軽くて、ちょっとニセモノっぽい響き」(辻村深月『ロードムービー』講談社文庫, p.305. 2011.9.)


ハッと気づかされました。
「私の東京」とは、私のイメージの中にあります。


中学・高校は、「川を一本超えると東京なのに!!」というギリギリ千葉県の学校に通っていました。進学し、明治に通うようになって、やっとこさ毎日のように東京都に入るようになりました。思えば、大学1年生の頃は「東京にある大学に通う」ことがおっかなびっくりでした。なぜなら、トーキョーって ①人が多いし ②歩くスピートがとっても早い(「東京スピード」と私は読んでいます)し ③おしゃれなヒト・モノいっぱいで ④夜でも明るくて ⑤今みたいな時期はキラッキラ …勢いで挙げるとこんな感じだと捉えていました、今でもそう思っています。このように都会にありがちなイメージを持って、東京のどこかに自分が降り立って、そこで見た風景とイメージが重なった時に、「あぁここは東京なんだな」と感じます。

例えば①については、ある日の明大前への道のりで、私の前に歩いていた老夫婦の会話からも確信を持ちました。
明大前などの東京の駅にほとんど降り立ったことがなかったのでしょうか、彼らは歩いている学生やその他の人の多さに驚いていました。と、夫人の方だったでしょうか、「やっぱり東京は人が多いね」と語りかけていました。私は「今日はそんなに多い方ではないですよー」と割り込む訳にもいかず、すっかり板についてきたお得意の東京スピートで追い抜かして行きました。
明大前って確かに東京なのですが、明大前に着いて「うおぉ東京にきたぞー!」となる人はあんまりいないのではないかなと推測します。学生のラッシュ時間以外はのどかな街だと私は思うからです。なので、「人が多い」ことによって明大前が東京であることを感じさせてしまうのは面白いなと思いました。いや、でも、明大前はちゃんと東京じゃないかと言われるとどう返していいかまた悩みますが…。


一口に「東京」といっても、ゼミ生が挙げている「私の東京」は十人十色です。一口ではとても語ることはできませんが、「私の東京」とはイメージの中のトーキョーです。さらに広げるなら、まだあまり知らない東京(「表参道」「中目黒」など) 私の東京ということになっています。


画像をどうするか迷った挙句、通学風景で私のイメージの東京を感じでいただけたらと思います。
まず!
●臼井
securedownload[4]_convert_20111202090536
千葉県、私の家の最寄り駅周辺です。夜9時過ぎにはこのように暗いです。イルミネーションは左に見えるスーパーのだけですね。

●日暮里①
securedownload[1]_convert_20111202085534
あ、朝です。東京の電車の代名詞:山手線に乗り換えます! ここから私の東京がはじまります。人がいっぱいで、1限からだと電車の中はぎゅーぎゅー!! 

●日暮里②
securedownload[2]_convert_20111202085737
東京スピード、早いです。しかし私も負けません。走ります。

●御茶ノ水交差点
securedownload[2]+(2)_convert_20111202090236
朝です。人が多い…こうして駿河台校舎に吸い込まれていきます。いってきます。


さて。
「私が好きな東京」だったら秋葉原です!! 大学に行くまで秋葉原に行ったことがなかったのでどれほど憧れを抱いていたことか! それもそのはず、私はアニメ・マンガが大好きなので「オタク」になりたかったのです。オタク万歳。秋葉原に行く前は「ととと東京だー!」と畏怖の念を持って想像していましたが、今では「秋葉原は秋葉原だな♪」という認識に落ち着いています。こうして現場の秋葉原を知っても、何度も足が向かいその街を歩くだけで心が弾むスポットです。ホームという気がします。
そして秋葉原に到着しますと、なぜか何年も前のドラマ『電車男』のテーマが頭を駆け巡ります。

●御茶ノ水→秋葉原
securedownload[1]+(3)_convert_20111202090411
迷子になりやすい人も迷子にはならない安心散歩ルート! 中央線各駅停車で1駅です。

●歩行者天国
securedownload[1]+(4)_convert_20111202094638
この日は日曜日です。日曜に行ったらやっていて、楽しくて駆け回りたいぐらいでした。パトロールの方が至る所にいました。

●秋葉原①
securedownload[1]+(2)_convert_20111202090328
いつか行きたいAKBシアター! そして日がごっちゃになっててすみません、これは日曜日ではありません。

●秋葉原②
securedownload[3]_convert_20111202085828
何も買わず見るだけでも私は楽しめます。青い看板のアニメイト。 



読んでいただきありがとうございました。では、次回の更新(月曜日)をお楽しみに☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。