大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/11/21(Mon)

【第4回】私の東京

こんばんは。寒くなってきましたね。
第4回は木村真帆です。

わたしは茨城県出身で大学進学とともに上京してきました。
最近ゼミのみなさんにもバレつつありますが、故郷はすっごく田舎です。

反抗期とともにすごくそれがコンプレックスでした。
恥ずかしいと思っていました。
なので東京の大学にいくことは当たり前の進路でした。
まさに吉幾三さんの歌みたいですね(笑)

だからといって東京が好きなわけではなかったのですが。
人混みは苦手だし、どちらかとゆうと怖かったです。

ワクワクの新生活もいざ実家を離れるとなると寂しい気持ちになりました。
18年間帰っていた家が、これからは3ヶ月に1回も帰れなくなるのかなー、と。
YUIのTOKYOを聞きながら高速バスで感傷に浸っていた思い出があります。

高速バスの窓からの風景は見慣れた景色です。
新宿から実家までの3時間ほどぼーっと外を眺めていると
新宿、秋葉原のぴかぴかした感じとか、日本橋のせかせかた感じとか、
上野、浅草の下町の感じとか
東京だなーと思います。
IMG_4281.jpg
スカイツリーの前を通るとみんなカーテンを開けてじっと見ていました。
夕方は荒川の河川敷の夕日がとても綺麗です。
ここでいつもセンチメンタルになります‥
IMG_4327.jpg
そしてバスを降りた瞬間の空気と、星を見て帰ってきたなーと思います。


わたしにとって東京はいろんな出会いがあって、たくさんの経験ができる場所です。
こっちの生活にも慣れ、遊んでばかりいたとき
高校の先生にたまには美術館へいってみるといいよと言われました。

「初めは作品を見ても何のことだかわからなくていい、
たくさん見ていればそのうちホンモノが何かわかるようになる。
東京にはその機会がたくさんあるんだよ。」
といわれ
せっかく東京にいるのに、その機会を逃してはもったいないなと思うようになりました。
それから街にでて行動しているうちにたくさんの出会いがありました。
そのたびにここでは自分が望めばどんな人でも出会えるのではないか!と思いました。
実際のところ、思っただけでそこまでアクティブには行動できていないのですが(汗)
ゼミ活動でも写真展や美術館に行くことが多いので楽しいです。

ホンモノが何かはまだわかりそうにありませんが、
東京でしか見られないものをもっと知りたいです。

IMG_2040_convert_20111121225149.jpg
これからはイルミネーションの季節ですね☆
六本木とか表参道とかツリーが綺麗ですよね〜
あ、明治大学の青のイルミネーションもたのしみですね!

では次は水曜更新です。お楽しみに!



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。