大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/03/18(Mon)

【第12回】メタブログ

冬はもう過ぎ去ろうとしていますね。春は好きです、夏が近いので。どうも飯田です。


今大学4年生で、この大学4年を振り返るブログを書いている事が信じられません。
時の流れは速いですね。ビックリしてしまいます。

僕の大学生活は音楽が中心に進んでいました。
サークルは軽音サークルで、卒論もお笑いとロックをテーマにしました。
宮本ゼミに決めたのも音楽を扱えるゼミというのがやはり大きいです。

国際日本学部には所謂「サブカル」を扱うゼミがいくつかあります。
その中でも映画から漫画からファッション、音楽など「サブカル」全般を研究出来るのは宮本ゼミくらいです。
そのため、卒論のテーマもみんなバラバラのジャンルを扱っていますね。

僕は2年の時から宮本ゼミに所属しています。3年間宮本先生にはお世話になっております。
ゼミに1人で入るのは心細かったので同じ軽音サークルの千葉君を誘いました。
2年の時千葉君とは必修の週6コマある英語のクラスと週1の日本語のクラスも一緒でした。
そのため他の授業も必然的に同じものを取り、サークルも一緒。千葉君とずっと一緒でした笑

千葉君との四年間を振り返ってしまいそうになりました、失敬(笑)


宮本ゼミでの授業は、自分の好きなジャンルを掘り下げるだけではありませんでした。
ピタゴラスイッチを見たり、M-1グランプリを見たり、アニメを見たり、ファッションやテレビ番組についての論文を読んだりと自分1人では手を広げられない所まで学べました。
それも、ただなんとなく見るだけでは見落としてしまうような所に目をつけ勉強になりました。

視点を変えることの大切さ、面白みを学ぶことが出来たと思います。


そして、宮本ゼミで個人的に一番変わったことは活字を読むようになったという事です笑
子供かよ!と思われる方もいると思います。でも、僕は本当に本を全然読んできませんでした。
そのため、ボロボロの論文、プレゼンで宮本先生を何度も呆れさせていたと思います。
本当に申し訳ありませんでした。

「好きこそ物の上手なれ」という言葉のとおり好きな物を通じて色々な作業を扱うのはとても楽しかったです。
本を読むのも好きになりましたし(笑)、1つの事柄について様々な視点から物を見るのもとても楽しかったです。

自分の好きなものを掘り下げることが出来て、尚且つ他の事にも応用できるような考え方を養えました。


授業ではグループワークが多く、図書館やパソコン室にゼミ生と集まり作業を進めていった日々が懐かしいです。
大学2年から宮本ゼミに所属しているので、僕の大学生活は宮本ゼミと共にありました。
BBQをしたり、学祭で揚げパンを売ったりと授業以外でも楽しい思い出がたくさんあります。

すごい楽しい3年間でした。宮本先生お世話になりました!
ゼミ生のみんなも楽しい時間をありがとう!

僕とは2年の時から同じ宮本ゼミのサリー!ゼミチョーが明日の担当です!よろしく!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。