大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/03/16(Sat)

【第11回】学生生活予想図

どうも。本日担当の渡邊です。

昨日、サークルの最後のコンサートを迎えました。
1・2年生のときに演奏した同じ曲を同じ場所で弾いたのですが
今思えば1年の時、いかに下手くそだったか分かります。
2年生の時のコンサートは震災当日だったこともあり
とてもいいプログラムなのに客席が閑散としていて残念でした。
今回リベンジできてよかったーー!しかもアンケートで印象的な曲第1位とのご回答、うれしーーー!



さて、卒業に向けて。

思うと、予想外が多かった。というより予想が当たってる方が少ない笑

入学当初、こんな学生生活を想定していました。

1年
入学。華やかな大学生デビュー。
サークルに入る。
友達100人作る。
英語の勉強頑張る。
2年
後期にディズニー留学する。
3年
ゼミに入る。
4年
前期:早々に就活を終える。単位を全部取り終える。
後期:世界に流浪の旅に出る。

・・・うん、なんて無謀な計画でしょう。

実際どんな学生生活だったか。

1年
華やかかどうかはさておき、オーケストラサークルに入りました。
1学年に50人くらいいるのでとりあえずは学部の友達も含めとても多くの人と接することができました。
楽器はフルートをやりたいと思っていたけど、ここは超人気パート。
2年後期に留学するなら私がいなくて迷惑をかけることになるのでフルート希望を辞退。
(3人いたフルートはあっさり1人になって、私の遠慮は無意味だったのかと困惑)
ひょんなことからヴィオラを弾く日々が始まる。

一方、留学の方がどうなったかというと、TOEFLのスコアがあと2点足らず留学できませんでした。
授業は出席率100%(1.2年英語クラス時)だったのに努力が足りませんでした。(大学生って授業はサボるものでしょ?と思っていたら意外と受けていました。私が電車で遅延した日、わざわざ気を遣って出席を取るのを後回しにしてくれたり普通に出席してるだけなのに有難かったです)

2年
留学できないなら日本でしか出来ないことを頑張る。これがこの年のテーマでした。
そしてそれはゼミとサークルでした。

ゼミでは高校生のころからやりたいと思っていた翻訳ゼミをやっていました。
1冊の本をこんなに1語1語の翻訳にこだわったことがなくて達成感があったし、ゼミ生とも仲良くなりました。
ただ、もっとここの訳を日本語らしくしたい、これで読者に伝わるのかなどとことん考えたい部分で活発なディスカッションができる雰囲気がありませんでした。
このまま惰性で成績Sをもらうよりもっと自分の身になるようなゼミに行きたいと思うようになりました。

サークルは初心者として始めたヴィオラも大分上達してきました。
そんな夏休み開始直前、サークルに24時間TVから出演オファーが!!
えっ、久石譲さんが指揮するの?!TOKIOも一緒に演奏するの?!

しかし、「楽器経験3年以下はお断り」とのお達しが出て参加できず。
24時間TV当日、悔しさと羨ましさとで胸が一杯になりながらTVを視聴していました。
この時までフルートをやりたかった気持ちを引きずっていましたが、完全にふっ切れました。そして予想外にサークルにのめり込む日々へ。

3年
宮本ゼミに巡りあいました。

2年の時に違うゼミに行こうと思った結果、第2志望でしたが今思えばベストな選択でした。
当時はこんなに仲良くなれると思わず、戦々恐々としてカチコチな態度でした。
グループでまとめる作業をしなきゃいけない時に限ってサークルを優先させてしまったり、ふらりと一人旅に出てったり、みんなには迷惑をかけっぱなしでした。
特にメーリスで超失礼際まりない文面をしたためた上、ゼミブログをすっぽかすという大罪を犯した日には本当にゼミを辞めたくなりました。

それでもここで今もこうしてブログを更新していられるのは
失敗を許してくれて2ndチャンスを与えてくれる優しいゼミ生のおかげです。

あの非礼を挽回すべく次回ブログ担当では頑張るぞー(`・ω・′)と気合を入れて書いた
マイブーーム!編で結構楽しんで読んで頂けたので内心ホッとしました。

それ以来ブログ更新が楽しみでたまりませんでした。PSなんて頭の中でずっと創作話を妄想していましたよー!みんなの話もほんと面白くて個性が光ってるなーって。もっとゼミが好きになりました。

そしてこの学年も終わりかける頃、卒論のテーマが「ゆるキャラ」になりました。
一人一人がてんでバラバラのテーマなので色んなことが知れて本当に楽しかったです。
知らないことが多すぎてどれだけサポートできたのかはたかが知れてますが。

4年
就活が終わらなすぎて苦しみました。
ゼミを遅刻することもあって、卒論にも力を入れる余裕がなくなるほどでした。

私は不器用で要領が悪くて、卒論で調べなきゃいけないことが本当に知りたかったこととはなかなか直結しなくて。

でもやっているうちはやめたいとは思いませんでした。
入学当初の予定では前期に単位を取り終え次第、世界に放浪する予定でしたが、
ここで投げ出すよりも打ち込む方がよっぽど価値のあることでした。

卒論を書くという作業は旅立ったらできなかったし、それこそ今ここでやらなきゃ人生でもうやらないなーと。

ほんと皆との活発なディスカッションのおかげでテーマに対して自分も深くつっこんでいけて充実した4年生生活が送れました。

予想が全然当たらなかった4年間だけど、4年前には想像してなかった楽しさも苦しさもいっぱいあって前よりも広い視野をもって現実と向き合えるようになったと感じます。


あと10日で卒業。


ここからは完全な未来予想図ですね。

まず、ゼミブログで宣言した通り、右手には卒業証書、左手にはゴディバのチョコですね。

チョコ嫌いは相変わらずですが、ケーキの上に載ってるメッセージプレートくらいなら食べられるようにはなりましたので、卒業式ではとりあえず食べますね。

また、当日は私がヴィオラを弾く最後の機会です。
みんなが気持ちよく卒業できるように心をこめて校歌を伴奏します。
だからちゃんと歌いましょう。もしかしたら?人生最後の武道館ライブですよ笑

ゼミの皆さんは結構笑って卒業するんじゃないかな。
意外と岡村君とかが涙うるっと来てて泣いてなんかないぞーとごまかしたりしてそうです。



最後だからって長くなりましたね。
この辺でそろそろお別れしたいと思います。
次回更新もお楽しみに。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。