FC2ブログ

大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/02/20(Wed)

【第40回】クレヨンしんちゃんの魅力

みなさんこんばんは。
あっさーのえるぃぃこと浅野恵理です。
先ほど引越しを終えました。
まだダンボールは山積みなんですけど。
4年間住んでいた家と離れるのは思ったよりさみしかったです。
やたらとベランダの外を眺めておきました。
あと一ヶ月かぁと少しおセンチにもなりました。

そんなおセンチな浅野の卒論は「クレヨンしんちゃんの魅力」です。

まずは、この卒論を書くにあたっての成功点と失敗点を一つずつ。

成功点はクレヨンしんちゃんをテーマにしたこと。
このテーマにしたことは大正解でした。
もうしんちゃんやだなぁ、なんてなることはなく、やっぱりしんちゃんおもしろい!と前よりもしんちゃんが大好きになりました。
自分のことをよく理解できていたなぁと自分をほめてあげたいです。

失敗点は無計画すぎたこと。
私、卒論の提出時期、最強に忙しかったんです。
というのも、ダンスの公演を控えていて、会社の研修も大量にあるという状態。
正直、卒論を後回しにしてしまいがちで、卒論にほぼ手をつけられない状態が続きました。
きっとみなさんが想像しているよりも長く。
えぇ、怖くて書けません。
時間なんて作ろうと思えばいくらでもあるんですが、どうしたって眠気はやってきます。
頑張れず寝ちゃうことが多々ありました。

でも、もう本当に卒論やだ!と思うことはありませんでした。
ダンスも研修も卒論も、全部自分が選んで決めたことです。
誰かにやらされているのではなくて、全部自分からすすんでやったことです。
だから、言い訳なんてできるはずもなく、やるしかないんです。

私がもっと前々から計画的に卒論を進められていればなんの問題もなかったんですけどね。
結局追い込んだのは自分なんです。
だからますます言い訳できないわけですよ。
自分の無計画さを反省しつつ頑張るしかなかったんです。

でも、結局先生に間に合いませんって泣きつきました。

期日内に形にしたかったーくそー終わらせたかったーと悔やまれます。
でも、中途半端にはしたくないのでその後もコツコツと作業を続けていきました。

計画的に進められたら、きっともっとクオリティの高い卒論が出来上がっていたのかなと思います。
でも、時間がないながらに、必死に向き合ってきたこの卒論のほうが私らしさがでてるのかなとも思います。

何はともあれ、学生最後に何か形に残せてよかったなと思います。
私の卒論を読んだ人がしんちゃんを見てみたいなと思ってくれたら私は幸せです。
私の卒論の始まりはしんちゃんが好きという気持ちからでした。
しんちゃんの何が好きなのか、自分の中でしっかり理解し、それを人に伝えたい。
そして、しんちゃんの魅力が一人でも多くの人に伝わればいいなという想いが卒論に込められています。

でも想像以上に難しかったです。
二万字を書くということにはさほど苦戦しませんでした。
それ以上に自分の中にある抽象的なものを具体的な文章にするということに、私は一番苦戦しました。
自分の中ではわかっているのに、それを人に伝えるとなると上手くいかない。
そんなもどかしさに一番悩まされました。
だってかわいいんだもん!おもしろいんだもん!と想いながら作業していました。
でも、確実に前よりしんちゃんについての理解が深まり、知識も広がり、ますますしんちゃんが好きになりました。
たくさんしんちゃんと関われて私的には大満足です。

共に卒論を頑張っているという心強さをくれたゼミ生や、なかなか書き終わらない私を見放さない先生に感謝です。

ということで、私はこれからもしんちゃんを愛し続けます。
将来、自分の子供としんちゃんを見る気まんまんなので、ぜひとも末長く続いてほしいですね。

さて、明日は卒論日記最終日!
ちーばくん!千葉くんですよろしくどうぞ!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。