大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/13(Thu)

【第22回】お笑い芸人、ロック(レベル)ミュージシャン[仮]

こんばんは、飯田です。

まずタイトル変更、そして[仮]をつけました。タイトルについて先生から、何を明らかにしたいのかを明確にしないといけないというお言葉を頂きました。
前回のタイトルの「松本人志」を絡めた松本人志論としての卒論なのか、それともお笑いとロックについての論文なのか。ここまで来てまだ自分の中で明確なビジョンが見えておらず、仮タイトルとしました。

最近はお笑い史、ロック史を照らし合わせる作業、松本人志著の「遺書」や「松本」などから発言を抜粋し、それらをロックミュージシャンのやってきたことと比較するという作業をしていました。

しかし、歴史を照らし合わせるだけではまとめ学習、松本人志論であるならばこの内容だと薄すぎる。また、ゴールが見えていない状況なのでどこに進めばいいのか自分でも把握できていない、という問題が浮かび上がりました。

お笑いとロックについて相似した部分や松本人志さんの発言にロック的な要素は見つかりましたが、この場で何を書いたら良いのか分からない状況でもあります。

卒論書きあげるまで時間が少なくなってしまった今になってこの状況は非常にマズいですが、方向性を定めて頑張りたいと思います。ふわっとしたテーマのまま提出間近になってしまった事を非常に後悔しています。


前回このブログで書いたようにどちらも自分の好きなものなので、考えすぎず一度初心に戻り考え直します。
卒論の内容についてあまり書けず申し訳ございませんでした。


次回は岡村くんです、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。