大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/08(Sat)

【第18回】人気・不人気ゆるキャラのゆるさの違い

こんばんは。
第3回を担当する渡邊です。

日を追うごとに増す寒さに勝てず、とうとう耳当てを購入しました。
一昨年、5歳のクリスマスから愛用していたミッキーの耳当てを失くしてしまい
あの耳当て以外使わないと心に決め昨年まで耳当てなしでやり過ごしたのに
もう新しい耳当てを買ってしまうなんて志が低いですね。

この文章を書いている今まさにこの瞬間を夢の中で経験していたので
もしかしたら新しい耳当てを買うことを潜在的に知ってたのかもしれません。


では、本題に入りましょう。

実はテーマが変わりました。
ゆるキャラであることに違いありませんが。

色々なことに興味がフラフラしすぎて、今までの卒論は方向性がはっきりしませんでした。
そこで、本当に何に1番興味があるのか真剣に考えてみました。

・・・何が1番かって「キャラクター」なんですよ。
物心ついたときからの動物好き、小学生の時のポケモン好きから始まっていると思います。
私もポケモンみたいなキャラクターを作りたいなんて思ってオリジナルキャラクター作りがマイブームだったころがあります。略してオリキャラブーム!

夏休み明け初日、朝の会が始まる3分前に描いたキャラクターを夏休みの宿題としてオリジナルキャラクターコンテストに出したら、ちゃっかり入賞したこともあります。
市内の公民館に飾ってもらいました。
結構な数が展示されていて、なんだ全然大したことないじゃないかと、ガッカリでしたが。

とはいえ、絵が下手な小学生が描くキャラクターなのでへなちょこでした。
その辺が出来損ないのキャラクターである「ゆるキャラ」に通じている気がします。

というわけで、キャラクターそのものに焦点を当てた卒論にするのが自分に1番合っていると感じました。

ゆるキャラグランプリ2012で上位・下位50位にランクインしたゆるキャラのデザインの比較をすることでゆるキャラの「ゆる」って何?ということを少しでも多くの人に分かってもらえたらと思います。

恐らくみなさんの中にもゆるキャラ=癒し系なキャラクターだと思っている人がいると思うんですよ。
確かにそれもある意味では間違っていません。
グランプリで上位にランクインして注目を集めているゆるキャラがそうなのですから。

本来のゆるキャラとはデザインやコンセプトがかっちりと作りこまれていないキャラクターなんですね。大多数は前者のゆるキャラを支持しますが、後者の出来の悪いゆるキャラが好きっていう少数派もちゃんと存在します。
ゆるキャラグランプリで上位にランクインしてちやほやされているゆるキャラがいるその影には、総投票数約680万中たった数十票しか獲得できない真のゆるキャラもいることからも多数派と少数派のゆるキャラに隔たりがあるのは確かです。

最近のゆるキャラってゆるくなくね?
ゆるキャラの「ゆる」って何よ?
と思っている方にこそ卒論を読んで頂きたいです。
上位・下位のゆるキャラのデザイン比較を通して少しはその疑問にお答えできると思います。

今まで着手しなかった側面での研究なので現在1から作業し始めているところです。
比較の要素としては色、頭身、形、目、などが挙げられます。

現在は色の分析に取り掛かっています。
色については小林重順(2001)『カラーイメージスケール』を元に分析しています。
本書では精密な調査データ(1093色)から代表的な130色が抽出されています。
各代表色はRGB値(R=Red G=Green B=Blueのことで色光の三原色)が記されています。
ゆるキャラのイラストを元に、各キャラ3色まで主な配色を出します。
その色のRGB値がどの代表的な130色に当てはまるか分類します。
各130色の連想される言語、配色イメージスケール、言語イメージスケールの表を参考に上位・下位のゆるキャラの色から受ける印象を調べます。
カラーイメージスケールの開発には10年もの歳月が費やされたそうですが、ありがたく使用させて頂きます。

とまあ、残りの日数でどこまで追求できるか分からないけど
出来るところまでやってみるつもりです。
ゆるキャラの地域振興、PR用キャラクターとしてのゆるキャラ。
紆余曲折してようやくここまで辿り着きました。

今週はここまででーす。
来週はヤマナッカさん(キョロちゃん風の発音で)からでーす。
それでは良い週末を!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。