大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/07(Fri)

【第16回】アニメ『デジモンアドベンチャー』におけるパートナーデジモンの存在から考える、選ばれし子どもたちの成長(仮)

みなさんこんばんはー!
あっという間の2週目!
またもや2番手熊澤でございます^^
順番変わらないので、そりゃそうですねw

『卒論日記』と題したこのブログテーマ。
始めは「何この拷問」と思って死にそうな気持ちしかなかったのですが、
これ書いてる内に自分の作業が明確化できたり
違う人の作業・進捗状況を見れて参考になったりと
始めてみてやっとこさ意図に気付くという、自分の鈍さに呆れました。←
でもほんとにいい体験させていただいてるな、と感じていたり。うん。

この時期になるとあちこちで4年生同士が「卒論何書いてるの?」という会話が繰り広げられるわけですが、
「デジモンアドベンチャーについてやってるよ☆」と答えると、大概は「え?」と言われます。
違うゼミ生もそんなこと書いてましたが、やっぱり少し目を引く題材を選んでる人が多いゼミなんだろなぁと改めて感じました。

はてさて、そんな感じでさりげなく自分のテーマを文章内に織り込みつつ(笑)、今回は私の卒論について述べさせていただきたいと思います^^

前回から少しテーマが変わりました!
今まではかなりほわっと
・デジモンの長きに渡る人気の理由
・デジモン内における人間の存在と予想されていた未来
について調べたいなぁと思っていたのですが、
やはり方向性があいまいすぎて、もう一度自分がデジモンの中で何に興味があるのかを、作業と共に考え直しました。

そのために
・『デジモンアドベンチャー』epi.1~54をメモを取りながら見直し、キーワードを洗い出す
・『ポケットモンスター』に関する論文を読み、特徴をまとめる
・『デジモンアドベンチャー』の基本概要をまとめ直す
という作業を行ってきました。

その中で大きく気付いたことは、
・『ポケモン』だと、『デジモン』との違いが多すぎて比較対象にならないのではないか
・一貫して鍵となること、そして興味対象は、『選ばれし子どもたちの成長』なのではないか
ということでした。

以前教育系のボランティアやってますと言いましたが、
結局自分の興味は、何にでもつながってるもんなんだなぁ…と自分で驚くという事態に(笑)。
気付くの遅すぎですね。

ということで今は
・54話を『~編』ごとに5分割し、それぞれでの各キャラクターの成長・カギとなる人物・デジモン・セリフ等を表にまとめる(作品を視聴しながら。他作品のキャラクター分析についての論文を参考にしながら。)
・同年代の他作品で似たような作品(子どもたちが試練を乗り越え成長していく等)がないかを探す
ということが主な作業になっております。

今更ながら終わる気配がないのですが(←)、
ある時間の中でどれだけできるかを考えることが大事!だと思うので
懸命に作業を進めていきたいと思います。

一つ全員に言いたいことはですね、
根詰まったらお互いに相談し合いましょ!笑
一人で悩んでてイイコトはないと思うので。

ではでは明日は飯野くんちのひろとさんですね!←気に入ったw
よろしくお願いします^^!
明日もお楽しみに~♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。