大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/05(Wed)

【第15回】おうちカフェにおける「カフェ」(仮)part.2

こんにちは。沖野です^^
あっという間に卒論日記2週目に突入です!

みんなのブログを読んでいるとどれも面白そうで、完成がとても楽しみになります!
その反面、自分の卒論の進捗状況を思うと焦りで目にはうっすらと涙がたまります…。
でもそんなことも言っていられないので、自分を戒めるためにもこの卒論日記の2週目を気合い入れて書かせていただきます!

私のテーマは「おうちカフェ」!
先日、友人がミルクフォーマーをゲットしていました。ラテのミルクを泡立てるやつですね。「おうちカフェ」、普及してますね~!笑

さて!
前回は「おうちカフェ」の実体を知るために、「おうちカフェ」の大きな要素であるインテリアに着目し、インテリア雑誌である『プラスワンリビング』を順を追って読み進めていくことで、インテリアのテーマとして「カフェ」がどのように注目されるようになり、どのようにインテリアを楽しむ一般の人々に享受されてきているのかを調べている、という報告をさせていただきました。

そして今回は、「おうちカフェ」の見本となっている商業としてのカフェにもスタイルやインテリアなどの変化があるのではないか、と考え『スーパー・カフェ・ブック』というカフェを開業・経営する人向けの本に目を通しました。
インテリア雑誌を読んでいる時も、素敵なおうちがたくさん載っていて、「いいなーこんな家に住みたいなー」、「雑貨屋さん行きたいなー」、「部屋掃除しなきゃなー」といろいろな欲望が出てきて大変でしたが、今回のカフェの本を読んでいるとおいしそうな食べ物やドリンクの写真が盛りだくさんでお腹が空いて困りました。

(参考までに私が前に行ったカフェの写真貼っておきます。)

032_convert_20121205130742.jpg

034_convert_20121205131223.jpg


003_convert_20121205131235.jpg

033_convert_20121205131207.jpg

年に一回発売されるこの『スーパー・カフェ・ブック』を見て分析していく中で、このような写真(もちろん本物はもっと素敵にオシャレに撮られています。)はヒントになりました。年々“見せる”ことを意識したメニューの写真や、特にインテリアの写真が増えていっているのです。カフェを経営する側にも魅力的なカフェづくりの要素としてインテリアへのこだわりが必要とされてきている流れがつかむことができました。
こうして次第に「カフェ」と「おうちカフェ」が近づいているというか、同じような性質を持っていくのはおもしろいな、と思いました。

そのほかにもインテリア雑誌から見る「おうちカフェ」と商業カフェの流れで共通する部分があったので、両者の相互関係を整理して、文章にまとめていきたいと思います。しかし、これが整理しきれずにおりますので、他の資料も見つけてきちんと整理したいと思います!頑張ります!

混乱もしていますし、焦りもありますし、むきゃーーーーー!となっておりますが、なんとなく、どうして「カフェ」というコンセプトが「おうち」でも受け入れられているのかがわかってきたような気がしています!

だから!ラストスパートです!
みんなで頑張りましょーう!
明日は、熊澤さんちのさりーさんです!よろしくお願いしまーす♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。