FC2ブログ

大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/10/27(Sat)

【第12回】 NAC!!!

こんにちは。第12回を担当します、飯野です。よろしくお願いします。

まずは更新が遅くなってしまったことをお詫びさせていただきます。
大変、申し訳ございません。
個人的な理由で更新が滞ってしまいました。
本当にすいませんでした。



謝罪をさせていただいたところでさっそく本題へ入りたいと思います。


ああ、夏休みということで夏休みについて順番に語ってきたわけですが、最近はあの暑かった夏を思い出すのが難しいくらい寒くなってきました。
やっとこさ、秋になってきたわけです。うれしい。
夏嫌い、冬好きの自分としては本当にうれしい限りです。



そんな夏嫌いな私ですが、今年は夏が嫌いなわりには夏を満喫できたように思います。

大きなイベントもいくつかありまして、どのイベントも大変思い出深いのですが、今回ブログにて紹介させていただくのは特に自分の中で印象に残っているイベントです。



それがこれです!!!


New Acoustic Camp!
通称、「NAC」です!


zzzzzzzzzzzzzzz.jpg



NACってなんだよ。って方のために説明させていただきますと、NACはキャンプを中心に据えたいわゆる音楽フェスです。
フェスと聞くとRock in Japanだったり、Fuji Rockのような大規模なものを想像されている方もいると思いますが、NACはすごーく小規模なフェスです。
フェスとしての歴史も短く、今年で3回目の開催でした。

自分はこのイベントに去年から目をつけていたのですが、去年はARABAKIというフェスに参加したため、NACは断念しました。
ということで今年は念願のNACだったわけです!

今年のNACは去年までとは違い、9月22日、9月23日と少し早い時期に開催されました。
ですので、正確に言いますと自分達がNACに参加したのは夏休みから2日経っているのですが、そこは大目にみてください。

自分は友達2人を誘い、このNACに参加しました。
NAC開催地は群馬県にある、水上高原リゾートというところです。
普段はゴルフ場として使用されている場所にステージを2つ設営して開催されました。


じゃん!

写真a



このNACというイベントは、冒頭でも触れたとおりキャンプを中心に据えているという点で他のフェスとは一線を画しているように思います。
イメージで言うと、テントを張ってキャンプをしながらゆったりとステージ見るといった感じ。
お客さんも家族での参加やキャンプ上級者であろう大人な方が多く、自分たちのような学生はほとんどいなかったように思います。

s.jpg


写真f



もちろん、自分たちはテントを張るようなキャンプはしたこともない、というか誰もテント持ってねーよ。ということで仕方なく近くのホテルに泊まりました。
フェスのコンセプトをガン無視です。すいません。

ただ、このイベントに参加してキャンプ欲がものすごく上がりました。
まさに大人の遊びという感じがして非常にかっこいいんです。
来年は必ずテント一式用意して参加しようと思います。


ここでフェスの流れをざっくり説明しますと、フェスは基本的に2ステージを時間をずらして変わる変わる使用します。
なので見ようと思えばすべてのステージを見ることが可能なんです。

New Acoustic Campという名前の通り、出演者はみなアコースティックセットでの演奏です。
出演者は有名どころで言うと、char、福原美穂、高橋優 etc…。
マイナーで言えば、Nabowa、the band apart、overground acoustic underground などなど。


ひとつひとつに触れていると永遠に書いてしまいそうなので、ひとつだけ触れさせていただきますと、このフェスの主催しているバンドであるoverground acoustic underground。
このバンドは本当に良かったです。

zzzzzzzzzzzzzzzz.jpg




ブラフマンというバンドを母体にしたバンドなのですが、バイオリンやパーカッションを取り入れていて、かつツインボーカルということで曲によって雰囲気が変わるものが多く、音に幅があります。
聴いていて本当に飽きないです。気になった方はぜひ聴いてみてください。


フェスの話に戻します。
このフェスのもう一つの目玉としてあるのが、ステージとは別にあるサブイベントです。
このサブイベントも他のフェスにはないもので、非常に面白かったです。

まずは一日目の夜に行われた参加者全員でのキャンプファイヤー。
去年までは炎を使ってやっていたそうですが、今年は許可が下りず炎はなし…、残念…。

zzzzzzzzzzzzzzzzz.jpg

zzzzzzzzzzzzzzzzzz.jpg


炎はありませんでしたが、みんなで手をつないでマイムマイムをやったり、フォークダンスをやったりと大いに盛り上がりました。

それから、New Acoustic Candleというキャンドルや電飾を使った催しがあったり

写真zzzzz


zzzzzzzzzzzzzzzzzzz.jpg


zzzzzzzzzzzzzzzzzzzz.jpg




二日目の朝はみんなでラジオ体操をやったり


BIG THROWというフリスビーをみんなでやるイベントがあったり


zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz.jpg


他にも夜中にアーティスト同士の突然のセッションやトークイベントがあったりとサブイベント盛りだくさんでした。


このフェスはお客さんの平均年齢が高いからか、全体的にゆったりとした雰囲気があり、非常に心地がよかったです。
そういった意味ではフェスにあまり慣れていない人でも楽しめるものだったと思います。
自分もいつも参加しているようなフェスとは違った楽しみ方ができたと思います。
もちろん、キャンプをしながらフェスに参加していたら楽しさは倍増だったろうなという後悔は残りましたが、来年はキャンプ道具を一式引っ提げて参加したいと思います。



それでは、以上で自分のあぁ夏休みを終わりたいと思います。
次回の更新は来週の月曜日です。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。