大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/10/19(Fri)

ガチトーーク!

こんにちはー!
今日のお天気にゴキゲンな熊澤です^^

最近ものすごく寒くなってきましたよね。
わたし寒いのキライなんですよ!
ウィンタースポーツもニガテなんですよ!
冬の楽しみといえばおでんとか鍋くらいなもんですね。
クリスマスは海外に逃亡したい。


ああ夏休み!ということですが!
タイトルを見て某バラエティ番組を思い出した人は、まぁ普通です。
某ブログのいつぞやのテーマを思い出したあなたは、れっきとした「大人の階段」読者です。(ぱちぱち)


てことで私の夏休み!
遊びました!

フットサル合宿行ったり
縮小版

最後にチームの後輩からプレゼント貰えたり
shukushouban.jpg

((これガチで嬉しかった…))

奥多摩までキャンプに行ったり
(((虫うざかった…))

ビアガーデン行ったり大好きな綾野剛さんの舞台を2回も見に行ったり
サイケ

((『サイケデリックペイン』!))

高校の同窓会があり、400人くらい集まったり(それでも半分w)

母校に行って、実習中に教えてた生徒のパフォーマンス見に行ったり☆
ウォタボ

((ウォーターボーイズ!!))

めちゃくちゃ楽しかった!


その傍らで
ボランティアやってました!

思わず「真面目か!」と突っ込まれそうな内容ですが
今日は自己満で語らせてくださいませ。
てか基本的にこのテーマじゃ自己満だよね、みんなね。笑


夏に2つのボランティアをしていました。
そもそも何で始めようと思ったのか?
まずはそこから。

私たちはもう4年生。
要は、卒業間近な学年です。
そんな中、私も例によって就職活動なるものを3年の冬から行ってきたわけです。

説明会・自己分析・ES・面接・OB訪問……
自分なりに頑張りました。
頑張ってたんですが、
いつの間にか『就活』を頑張っちゃってたんですねー。
その先にあるはずの目的を、完全に見失っていました。

そこにはっきり気付いたのは、1つの内定を勝ち得たとき。
しかし、もうそこから何とかする気力もわかず、
かつ6月には教育実習が控えておりましたゆえ、

就活やーめた!ぽいっ

ってな状態のまま教育実習へと移行していきました。

あんまり先生になる気はなかったんですが、
もともと教職取ってるくらいですから、
『教育』にはものっすごく興味がありました。
そして実際実習に行き、生徒と触れ合い、
授業の指導案で悩み、他の先生方の生徒への想いを聞き…
あぁ、なんかやっぱり教育に携わるっていいなぁと実感。

私は母校の高校に行かせていただいたのですが、
終わった後、ものすごく悩みました。
私このまま民間に行っていいんだろうか。
しかも教育関係でもなんでもない仕事。
でも分からない。
内定を蹴る勇気も決意もない。
そもそも自分の「やりたいこと」が全く分からない。

そう、分からなかったんです。
3週間程度生徒と関わったくらいじゃ分からない。
もっと生徒と関わりたい!話したい!

そんな想いで悶々としていたとき、
ちょうど2つの団体の存在を知る機会がありました。
それが夏に行っていた教育系のボランティアだった、ということです。

1つは中学生に学習支援を行うボランティア。
もう1つは、実際に高校に行って高校生と対話するボランティア。
何が合うのか、やりたいのか分からない、
だったらよっしゃ両方やってみるかと思ったわけです。

結論から言いますと、
2つとも、ものっすごく大変でした。(T_T)
自分がこんなに睡眠時間削っても大丈夫な人だとは知りませんでした。笑
そして、ものっすごく勉強になりました。
本当はこんな言葉じゃ表せないくらいいろいろあったのですが、
細かく語ると長くなるので、このくらいに。


ですがせっかくなので、
そこで感じた私なりに「大切だなぁ」と思ったことをお伝えできればと思います。


1つめ
動いてみないと分からない。

これ本当にそうなんだなぁと、やってみて実感。
何がしたいのか分からないって言ってる人の大半は
「何も理想がない」わけじゃなくて、
「自分の持つ夢や理想と今の自分がつなげられない」だけなんだって
誰かに言われました。
だからとにかく今の自分でやってみる。
試してみる。

やってみて分かることはいっぱいありますね。
私はボランティアに行って、自分は『子ども』に興味があるというよりは
人の『成長』や『変化』に興味があるんだって分かりました。
だから対象は限られないんです。
自分の就職先は教育系ではないけれども、
きっと自分のやりたいことをできる環境は作れるなって思えました。
やりたいことって業種とか、なんかかっこいい意識高い活動とかなのかなって思ってたけど
自分は人と何かを作るのが好きで
でもまだ具体的に何をしたいかは明確じゃなくて
それをこれから探していくことも、自分のやりたいことの一つなのかもって思えて安心しました。


2つめ
何かをしたら、振り返る。

やったらやりっぱ。
これはとてももったいないことだと分かりました。
しっかり振り返って次に生かす、
とっても大事です。
別にカッコイイことじゃなくて、
そこで自分がどう感じて、何を思ったのか。
一回立ち止まって振り返ると、なんかなんとなくの経験が、
ちょっとだけカタチになる気がするんですよー。
お試しあれ。


さいご
自分は失敗とかガチで怖くて
「デキる奴」っぽく振舞うことに必死で
失敗する自分なんか周りは認めてくれないって思ってました。

友達同士ならそんな風には思わないし
「素」の自分でいられるんだけど
そのときは特に周りがめちゃくちゃ頑張ってる人たちが多くて
輝いてる人たちに囲まれてて
ますます自信をなくして、無駄に虚栄心ばっかりでした。
だからますます誰にも言えなくなって辛くなって。
そんなふうに私が悩んで立ち止まった時
めちゃくちゃ尊敬する大切な人から言われたことば。


『転んでいいんだよ。
あなたは転んだ景色を知らないだけ。
何回転んでも、必ずあなたを待ってくれる人はいるから。
だから何回転んでも、また立ち上がればいいよ。
少なくともここにいるみんなは、あなたが立ち上がるまでずっと待ってる。』


すんげぇぇぇぇ嬉しかったんです。
言葉の内容自体も嬉しかったけど
そんな風に言葉をかけてくれたことがまず嬉しかった。
自分は本当に「人」とのことでめちゃくちゃ悩むけど
またそんな自分を助けてくれるのも、「人」なんだなぁって。

勝手に自分で自分に「~すべき」ってラベルを貼らない!
何回でも失敗すりゃいーや!って、少し思えるようになりました。
まだ怖いですけど、やってみようと思えたことがすごく嬉しい。


今日はゼミ長らしく、ものっすごくガチトーークでしたね!w
たまにはこんなテイストもいいよね(^O^)

誰かがこの記事を読んだとき、少しでも何かを感じてくれたらなぁと思って書きました。
完全自己満ですねw
でも4年間の中で、今が一番充実してる気がするんですよ。
何かやってみるのは、動いてみるのは、悪くないなと思ったわけです。


さてお次は土日挟んで、来週22日、月曜日!
うちのゼミのデザイン担当・宅録BOYのチーバ君です!
乞うご期待☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。