FC2ブログ

大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/07/14(Sat)

【第14回】腹黒犬

こんにちは。

どーもスターです。間違えました永塚です。

前回の飯野君がとてつもなくクオリティーが高かったので、ちょっと僕で軌道修正しますね。

では、さっそくいかせていただきます。

僕はこの写真!!

写真


僕は昔、トイプードルでした。

ご主人は某高級住宅街のセレブ妻です。犬という立場を利用してとにかくイチャコライチャコラ。

とにかく順風満帆な人生。いや、犬生。

出会いは10年前。ペットショップにて。

数々の購入者が僕に食いつく中、僕はとにかく吠えまくりでした。犬だって飼い主を選びたいのです。きれいな人に飼われたいんです。

僕はじゃじゃ馬でした。いや、じゃじゃ犬でした。

そこに彼女は現れたのです。僕は態度を急変させました。ちょこん座り、涙目、よだれという犬三代モテ要素をふんだんに活かしました。

まわりの柴犬、チワワはドン引きでした。あからさまでした。

しかし、めげない。僕はめげない。とくに僕が得意とするよだれ中心の攻撃へ。

セレブ妻は即私を購入。よだれで僕はビチャビチャです。

そのためついでによだれかけ、いや、スカーフをご主人様は購入。

ファッションリーダーの誕生でした。

そこからはチヤホヤされる人生でした。スカーフは功を奏しました。

ご主人がこの子よだれが凄いのと周りの人に言うたびにこれは振りか?と言わんばかりにビチャビチャにしてやりました。後日、ご主人様はスカーフを二枚購入。

毎週行くペットサロンではよだれで時の人。時の犬に。しつこい?
何年かして僕はよだれちゃんという称号を手に入れました。

有名になりたい。僕は止まりませんでした。

メディアへの露出が次の僕の目標になりました。

某携帯会社の犬が私の心に火をつけました。

お父さん犬。この言葉は僕の前ではタブーです。
CMが流れるたびにテレビをビチャビチャにしてやりました。

僕はトイプードルに生まれたことを初めて後悔しました。

なぜ?なぜトイプードルはドラマ、CMの露出が少ないの?

ブルドックが世間を騒がせたとき怒りは頂点に。

空前のブサイクブーム。キモカワイイ。はい?僕は可愛いです。

そして10歳にして僕の犬生は幕を閉じました。

しかし、私の心は現世に残りました。
有名になりたい。ただその一心が心残りでした。

そして事態は一転。


よだれで有名な僕は毎週通っているペットサロン前にて飾られることに。よだれかけ(980円)を装備!!

歴史に名を刻む瞬間でした。

しかーし、僕はクレームをつけたい!!

なぜ、銅像じゃない?

はっぱて!!

みなさん思い出してください。西郷どんの隣を。銅!!銅!!

そして渋谷を!!HACHI!!
彼は犬界の神です。待ち合わせ場所です。

歴史に名を刻むのは決まって銅像なのです。

まだまだ死ねない。映画化が決まるまで。いや、せめてCM。そう思う僕なのでした。


はい。では次はこれ!!
写真


次は辰巳さん!!

よろしくおねがいします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。