大人の階段

明治大学国際日本学部宮本ゼミ2期生のブログです。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/12/26(Mon)

【第19回】私の東京

こんにちは:)前期に西野カナの歌詞の研究をしていた辻です笑
きっかけは、ある時から歌詞にあまり共感できなくなったけどそのころから売れるようになった、そしてその理由はなぜかを考えてみたかったからですが、今では彼女の曲に感情移入さえするこの頃です笑
今はその歌詞が海外の人からどう思われるのかということに興味があります・O・
アメリカではあんまり通じないと思うんですよね。笑

フロリダに留学中ですが、残すところもあと1か月を切りました><
今日というか昨日は(現在26日0時を回ったところです)クリスマスでしたが、寒い日が増えていた中急に暑くなったのでクリスマスという実感が本当にありませんでした笑

さて、本題に入りますが、東京、それは先月私にとってとっても恋しいものでした。
そして世界中の人々と接するなか、私のアイデンティティの一つでもあります。

IMG_0309.jpg

このネームタグを見て東京から来たの?東京はいいところだよね、東京にはいいものがいっぱいあるよね、っていろんな人がはなしかけてくれます:)
こちらに来て日本、特に東京のいいものにたくさん気づかされました。
東京で生まれ、東京で育ったわたしは東京について考えたことは特にありませんでした。

私にとっての、と言われ思い浮かぶものは2つあります。池袋と渋谷です。
まず、池袋は、小さいころからよく訪れ、中学校、高校、大学と通学で毎日乗り換えに使う駅であり、予備校も池袋の予備校に通い、アルバイト先も池袋だったのでほぼ毎日のように通っていたところです。
飯田君の記事を読んでどこかで1回はすれ違っているのでは、と思いました笑
駅で乗り換えるだけでなく寄り道もよくします。
池袋ですることは主に食事、買い物、スタバで勉強です。
よく食べるのは、ラーメン、うどん、パスタです。
ラーメンは一人でお店に入れるくらい好きです笑
女子の一人ラーメン?とか言われても気にしません。
しかしラーメンネタは結構多いのであえてうどんについて書きます。

池袋の西武の屋上に、お気に入りのうどん屋さんがあるんです。屋台で売っていて、1杯400円ほどです。(以前は300-350円程度でしたが、小麦の高騰により値上げしました><)
お手頃価格ですが、本場香川からのお店らしく、こしがあっておいしいです・u・
写真は携帯電話のメモリーを探りましたがありませんでした><すみません。。。
いわゆるB級グルメっていうやつです。
東京のうどん、ラーメン、パスタが今とっても食べたいです!
東京はおいしいものがたくさん食べられるところですね・u・

スタバについてですが、日本人って本当にスタバで勉強するのがすきですよね?
大学受験生時代からよく通いましたが、周りにも私のほかに赤本を持った受験生が沢山いました。
寮の近くにもスタバがありますが、行くと日本人によく会います笑
狭いお店なので課題の提出日近くにはスタバの半分が日本人で埋まっています:D
こっちのスタバは注文時に名前を言って品物を渡される時名前でよばれます。

IMG_0206.jpg

名前、間違えられました笑

渋谷についてですが、渋谷も、中学、高校と通学の乗り換えの駅であり、横浜に住む友達も多いので遊ぶときは私の地元との中間地点としてよく行き、大学に入ってからは習い事で通ったので、紫のある場所です。

日本で食以外に恋しいものは服なのですが、渋谷は日本で一番の服のお買いものスポットではないでしょうか?

F1000661.jpg

携帯電話のメモリーで発見した去年のクリスマスの109です。
なんだかんだここにはよく通っていました。
ギャル系の服の集合体、というイメージが大きいみたいですが、そうでもないです。
ここ最近、パーティーなどドレスアップする機会がありましたが、日本のワンピースを着ていくと、日本の服はいいなあっていわれます。

留学当初、パーティー好き?ってよく聞かれ、パーティーってどういう意味のパーティなのかな?って思っていました。
ようやくわかりましたがこちらでのパーティはクラブでお酒を飲んで踊り騒ぐことみたいです笑
居酒屋でお座敷で座って静かに?話しながらお酒を飲む日本式の飲み会なんてありません><

そういえば、こちらでお友達になった韓国人の女の子が、渋谷に行って、渋谷のクラブにも行ったけれど、韓国のクラブよりもアメリカのクラブよりも日本の渋谷のクラブが一番良かったと言っていました・O・!
そんなに言うなら一度行ってみたいです笑

そんなわけで、私にとっての東京は、食、お買いものを楽しめる池袋、渋谷です。


東京についての記事なのに東京の写真がなくてごめんなさい><
これも携帯電話のメモリーで発見した池袋サンシャインのクリスマスツリーの写真で許してください笑

F1000674.jpg

Merry Christmas*

次のテーマはなんでしょうか?次の更新もお楽しみに♪

スポンサーサイト
2011/12/23(Fri)

〔第18回〕私の東京(12/23)

ブログの更新を心待ちにしてくださっている皆様お待たせしました!!!
最近めっきり寒くなってきて東北地方出身の自分もヒートテックを欲してる
今日この頃ですが、明日はいよいよクリスマスですね(*^_^*)
訳あって一人寂しいクリスマスを過ごすとこだったんですが友達の粋なはからいで
楽しいクリスマスを送れそうで今からにやにやの止まらない塩野が「私の東京」第18回をお送りします!


当初自分は渋谷とか新宿といった都心について書こうと考えていたんですが、
最後の方の順番だったのでまーかぶるかぶる。笑
なので、今自分が一人暮らしをしている国領について書いていこうと思います。

自分は東北地方の宮城県という県の出身なので、大学入学前は東京に対してもの凄い憧れを抱いてました。
高校生の時、まだどこの大学にも受かってないのに東京では絶対にオシャレでイケメンな部屋で一人暮らしをしようとたくらんでいたんですが、いざ大学入試を終えるとわざわざ東京に行って部屋を決めるのが面倒くさくなってしまいネットで適当に決めようとしてたんです。今考えるとおそろしいですが、、、笑
しかし、母親にとてつもない勢いで怒られてしまったため仕方なく東京に出てきて部屋探しをしたんです。


でもまーーー行動に移すのが遅かったみたいで明治大学の和泉キャンパスに近い、京王線沿線の住宅は全部埋まってしまってたんです。なので仕方なく国領という地域にある住宅に住むことにしたんです。
この国領という駅は、京王線の駅で「私の東京」第13回でえりちゃんが紹介した調布駅から2駅の距離にある駅なんです。じゃあ明治大学まで近いやんと思った方もいるかもしれませんが、調布駅は準特急が止まるんですね。
でも国領は各駅停車しか止まらない。
だから距離的には国領の方が大学に近いのに電車だと余計に時間がかかるんです。


駅前
国領駅、駅前の写真です。このスーパーの中の居酒屋にはお世話になりました。


そんな交通の便はあまり良くない国領なんですが、いい点があるんです!
それは、なんとあの多摩川まで近い!ってことなんです。
自分は大学入学したばかりのころは今と違ってスポーツ大好き少年だったんですね。
なので、毎日夜になるとこの多摩川沿いのサイクリングコースをランニングしてました。
今日写真を撮りに久しぶりに行ってみたんですがすごい懐かしい気持ちになりました。
この機会にタバコをやめてまたランニングをしてみようかな!

サイクリングロード
自分が昔よくランニングしてたサイクリングロード!


公園
多摩川沿いのサイクリングロードに隣接している公園!
大学1年生の頃は英語クラスの皆とここで深夜12時から朝5時まで本気で泥けいやって遊んでましたww

多摩川
多摩川!我ながら結構上手く撮れたと思います。

畑
東京だとは信じられない!住宅街にぽつんと畑が混ざってます。

ラーメン
国領で一番旨いラーメン屋!週1くらいで通ってます。
ただちょっと店狭い。看板が隣にもついてるのになぜか店舗改築しませんww

慈恵医大
名門の慈恵医大も国領駅徒歩5分くらいの場所にあります。
1度緊急外来でお世話になりました。


国領ってどことなく自分の故郷の宮城県に雰囲気が似てるんですよ!
自分は高校生の時自転車で通学してたんですが、その通学路がまさに多摩川のサイクリングロード
みたいだったんですよね。
国領との出会いは、自分の怠惰がきっかけだった訳ですが、住めば都と言いますように
3年も生活していると、故郷の仙台と同じように愛着もわいてくるもんですね!
多分東京生まれの人もあまり来た事がない場所だと思うので、一度是非国領に足を運んでみてください!
バイト先の先輩の話だと芸能人の高田 純次さんもこの辺りの出身らしくてたまーに国領駅近辺の居酒屋に
出没するみたいです。あの適当なキャラも国領の自然豊かな風土の影響かもしれません!

次回はいよいよ「私の東京」最終回です!ただいまフロリダに留学中の辻さんが更新してくれます!
26日に更新されますので忘れずにテェックしてください!





2011/12/21(Wed)

【第17回】私の東京

こんにちは!
そろそろこのコラム「私の東京」も終わりに近づいてきましたね。
第17回は辰巳がお送りします!


私は率直に私にとっての東京について書こうと思いまして、考えてみました。

私にとっての東京とは、
「故郷であり、故郷でない場所」
です。
意味不明ですね。こう思うに至った経緯について説明していきます。


私は東京生まれ東京育ちです。実家も明治大学和泉キャンパスから徒歩20分というなんとも便利な場所にありまして、生まれたときからずっとそこにあります。

しかし、小学3年生から中学3年生の7年間だけ長野に住んでいた時期がありました。引っ越したわけではなくて、実家はずっと東京にあるまま、親元を離れて、です。
「山村留学」という制度を利用していたのですが、端的に言えば農村自然体験プログラムというもので、まあとにかく都会でできないことをたくさん体験しました。
学校には毎日往復約12km歩いて通っていたし、さらには100kmの山道を24時間で踏破するという某24時間テレビもビックリの結構すごいことなど経験していますが、詳しく書くととても長くなるので省略します。

ちなみに、小学6年生の時の修学旅行の行き先がなんと生まれ故郷の東京でした。
帰省ならともかく自分の故郷に旅行なんてきっと滅多にないでしょう。
とはいっても東京の観光スポットはあまり行ったことがなかったので新鮮だったし、今まで知らなかった「憧れの東京」という新しい側面を知ることになりました。

17830517_330443322_1large_convert_20111220000258.jpg

写真はその修学旅行で初めて登った東京タワー。誰でも知っている定番の観光スポットかもしれませんが、東京に住んでいるとなかなか行く機会もないのです。

こうして長野に7年間住んだことによって、自分の中ではすっかり東京は故郷ではなくなっていました。
周りには長野のことを「第2の故郷」なんて言っていますが、もはや第1の故郷といっても過言ではないくらいにこの頃の記憶は濃すぎるし、人生の大きな土台となった場所です。

そんなわけで、高校生になって東京に帰ってきてからも違和感ばかりでした。実家付近が見慣れた街であることを除けば、まるで初めて上京してきて右も左も分からない田舎者状態です。東京生まれなのに。
長野にいる間はあらゆるメディアからほぼ断絶された生活を送っていたので、しばらくは流行についていくのに必死でした。それに加えて、東京は野菜も水もおいしくないし、人はやたら多いし無愛想だし、自然はないし…と不満だらけ。(不満があるのは今でもあんまり変わっていませんが。笑)
今ではすっかり東京っ子と化している(つもり)ですが、いまだに故郷に対する愛着が湧くのはやはり長野なんですね。


ということで、
東京は生まれ故郷ですが、故郷を愛着が湧くところと考えると私の中では故郷ではないのです。
今まで生きてきた21年というスパンから考えれば東京で過ごしている時間は明らかに長いのにもかかわらず、東京に帰ってきてだいぶ経った今でも7年間しか住んでいなかった長野に故郷の座を奪われています。
私にとってはそんな微妙な立ち位置にいる東京でした。


さて、微妙な立ち位置にいると上で言ったばかりですが、最後に私の落ち着く東京の風景を紹介したいと思います。

111101171213_convert_20111220000354.jpg

これは明大前から京王線の線路沿いに下高井戸方面へ向かう道で撮った写真です。大学1年生の頃だけこの道を使って通学していました。今は別のルートで通っていますが、明大前付近で飲んだりご飯を食べたりした後はこの道を通って家に帰っています。
ちょうど西向きに歩くので、写真のように晴れた日は線路の向こうに夕焼けがきれいに見えます。明大前から5分もかからないので機会があればぜひ。

就職したら東京を離れてしまうかもしれないし、この先いつまで東京に住んでいるかは分かりませんが、こうやって東京にも上の写真みたいな落ち着く風景が増えていって、いずれは長野と並んで愛着が湧く自分の故郷になったらいいなと思っています。



ということで、かなり長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございました!
次の更新は金曜日です!お楽しみにー。

2011/12/19(Mon)

【第16回】 私の東京

こんにちは!
第16回目の担当は近頃全身の肌荒れに悩める(お肌の曲がり角って本当にあるんですね)沖野です。
引き続きテーマは「私の東京」です。

今回はある特定の地域についてではなく「私にとっての東京」という解釈で書いてみたいと思います。
ずばり「私にとっての東京」とは「何でもできる所」です!

私は千葉県銚子市という千葉のはずれ(ちょうどチーバくんの耳のあたり)から上京してきた田舎者です。


images.jpg


どれくらい田舎かといいますと、基本的に電車は1時間に1本しかありません。したがって、7時台の電車であれば「7時電」、10時台の電車であれば「10時電」と呼ぶのです。「今日は何時電で帰る?」「6時電で帰る」という会話が成立し、時間を把握することが可能です。銚子近辺あるあるです。

そんなところから出てきた私にとって東京はまるで別世界です。自分が興味を持てば何でも出来てしまう場所だと思います。大学生になって興味の幅が広がったのは東京で生活していることも大きな要因だと思います。
ということで、今までの学生生活を通して東京で体験してきたこと、行った場所を紹介したいと思います。

まずはこちら。

540_convert_20111219143424.jpg


Zepp Tokyoです。お台場にあるライブハウスですね。東京には音楽に触れられる場所も機会もたくさんあります。上京してからはライブに行く機会が増えました。地元にいたときは、東京に来るだけで一苦労で、ライブに行くのはなかなか難しかったので嬉しい変化です。

音楽関連でもう一つ。

542_convert_20111219142418.jpg

543_convert_20111219144609.jpg


夢の島で行われた野外音楽フェスWORLD HAPPINESS 2011の様子です。念願だった野外フェスへの初参戦でした。このフェスを知るまで東京でも野外フェスが行われているなんて知りませんでした。夢の島はとても広々とした公園のような場所で、周りには自然もたくさんあり、東京ではないような感じがしました。先に挙げたライブハウスとは全く違う音楽の楽しみ方も東京では出来るんですね。

続いてはこちら。

549_convert_20111219144510.jpg



先日、表参道ヒルズで行われている「ヴィヴィアンウエストウッド シューズ展」に行ってきました。写真はそこで小物を買ったときの袋です。
ヴィヴィアンの靴200足がずらーっと並んでいて、個性的なものばかりで面白かったです。アートでした。
こういった展覧会が行われたり、たくさんの絵画展や写真展など多くの芸術に触れることができたりするのも東京ならではだと思います。

このように海外の芸術に触れられる東京では、日本の伝統的な工芸も体験できます!

547_convert_20111219144416.jpg


風鈴です!瑞江の風鈴屋さんで制作体験をしました。まさか東京で風鈴を作れるとは思っていませんでした。職人さんの技術を目の当たりにできてすごく楽しかったです。

まさかシリーズでこちら。

541_convert_20111219144204.jpg

陶芸も渋谷でできます。まだ焼きあがったものが手元にないのでどうなっているか楽しみです!

そのほかにもおしゃれなカフェがたくさんありますね。

545_convert_20111219144313.jpg
シャンパンタワー!!!(誕生日をお祝いしてもらったときのもの)@渋谷のカフェ


BBQだって出来ちゃいます。

550_convert_20111219144536.jpg

ゼミのみんなで。@二子玉川

トトロにだって会える!

546_convert_20111219144346.jpg

@三鷹の森ジブリ美術館


日本らしさも味わえる!

539_convert_20111219143236.jpg

@浅草寺

 まだまだ東京で出来ることはたくさんありますが、この辺で紹介は終わりにしておきます。このように東京はいろいろな顔を持っていて、本当にたくさんのことが出来る場所だと思います。せっかくこんなに刺激がたくさんある場所に住むことが出来ているので、これからもどんどん新しいことにチャレンジしていきたいと思います。
 
 ちなみにですが、「何でもできる東京」とは対照的に「何にもない銚子」である地元にも違った魅力はあるので、どちらも私の好きな場所です。「何でもできる東京」ということで書いてきましたが、初日の出が日本一早く見ることが出来るのは銚子です!笑 みなさんぜひお越しください!
というどんでん返しになってしまったところで終わらせていただきます。

長くなってしまいましたが、読んでいただきありがとうございましたー!
このテーマでのブログも残すところあとわずか!水曜日の更新もお楽しみに^^
2011/12/17(Sat)

【第15回】私の東京

おはようございます。
自分の不手際で更新が遅くなってしまい申し訳ないです。

第15回目の担当山口がお送りします。

テーマは「私の東京」

生まれた時から小中高とずっと地元である神奈川県の平塚市という所に住んでいた僕にとって、同じ関東でも東京は遠い所でした。遊ぶにしても平塚であったり、予備校があった3駅隣の藤沢などでした。

同じ神奈川県の横浜に行くにも電車で往復1000円を超えるので東京はなかなか行けるとこではありません。
遠足で行ったり、ほんのたまに贅沢をして行くぐらいでした。
そのときから自分の中での東京と言ったら新宿や渋谷、原宿ではなくやはり秋葉原でした。
自分の趣味がやはりアニメやゲームなどといったほうに偏りがちなので、そうなりますね。


そして大学生になり、定期券を得たことで片道160円という安さで秋葉原に行けるようになった僕は多い時で週に三、四回も秋葉原に行っていました。特に買うものや用事がなくても、休日は一日中、授業がある平日でも空き時間なんかに行く始末です。趣味がこうなる前だったら確実に原宿や下北沢あたりに通っていたと思います。
こういうときに秋葉原が近い駿河台キャンパスがうらやましいですね。
秋葉原に来ると自分の同志がたくさんいるという安心感や多くのお店を見て回れる期待などが混ざってテンションが上がりますね。

ということで少しですが、秋葉原を紹介していきます。

こちらは夜の秋葉原
IMAG0049_convert_20111217072621.jpg

日曜になると歩行者天国で中央の道路も普通に歩けます。


この時期になるとイチョウの葉がたくさん落ちています。
IMAG0050_convert_20111217072703.jpg


秋葉原のゲーマーズというアニメグッズを取り扱うお店のもはや名物となっている積み方です。
どうやって積んでどうやって崩していくのかが気になります。店に入った瞬間目に入るので圧倒されます。
IMAG0053_convert_20111217072737.jpg


このゲーマーズのようにメジャーな店舗も多いですし、僕もよく利用するのですが、ちょっと小道に入ってみたりすると、色々なお店が見つかります。絶対売ってないだろうと思っていた古いグッズが売っているお店や、格安で電気製品が買えるお店など驚くようなお店がたくさんあります。小さいお店などを注意して探してみると意外と自分の欲しいものが安く見つかったりすることがあるかもしれないです。

また、秋葉原というとアニメなどのグッズを取り扱うお店や電気屋さんなどばかりではないかと思いますが、実際色々探してみるとおいしい飲食店がけっこう見つかります。

自分がよく行くのは

これと
PAP_0052.jpg


これ
IMAG0003_convert_20111217074106.jpg

ですね。僕の大好きなラーメン二郎のインスパイアと呼ばれるお店のラーメンです。
一つ目の画像がMAZERUというまぜそばのお店ですね。二つ目の画像は影武者というお店です。
その他に多くの飲食店がありますし、カフェ(メイドカフェではなく)やカラオケ、居酒屋、洋服店もけっこうあったりします。メイドカフェは実際に行ってみると面白いですよ。

あと、土日は何かしらのイベントが開催されていることが多いです。
UDXだったりベルサールだったり、お店のイベントスペース等色々な場所で開催されてるので、これもテンションが上がる原因なんですかね。
最近ではマツモトキヨシなんかもオープン予定らしく、電気街というイメージが強い秋葉原ですが、実際に行って、歩いてみると色々な一面が見えてきます。自分でも見つけていないものすごいお店なんかを探していきたいですね。
こうして色々探していけるのが秋葉原という街の楽しさだと僕は思います。
秋葉原に寄るときはぜひ一声かけてください。


次回の更新は月曜日になります。お楽しみに。
次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。